HGUC 1/144 ネモ(ユニコーンVer.)を素組レビューしてみた

今、youtubeのガンチャンでユニコーンガンダムがやってて見てたらほしくなったので買いました
せっかくなので、写真で素組レビューしていきたいと思います。

全塗装してみましたので良かったらこちらもどうぞ

・ネモについて
ジムの発展形として開発されたジムⅡに代わるエゥーゴの主力MS
グリプス戦役からの登場なので歴史的にはZガンダムの時代からいるMSです
でもガンプラ的には2012年4月発売のユニコーンverで初のプラモ化
その後2013年1月にエゥーゴカラー、2013年11月にユニコーンデザートカラーでキット化されました

パッケージと取説

戦闘中のネモ

ユニコーンverなのでジュアッグとの戦闘シーンが大きく描かれています

ランナー

こちらをクリックする事で開きます
ランナー数はポリキャップを入れて11枚 意外と多いです

A1 紺色パーツ

A2 腰部と肩の一部パーツ

B1と2 腕と脚の外装等

C1と2 関節系

DとE 黄色の長いのはシールドのパーツです

ポリキャップ(PC-001)とハンドパーツとビームサーベル

シール
ほとんどが大きなスラスターの内側の足りない部分を補うものです

組立て

最近は全カットしてから2度切り→組立てという順にしています

頭は撮り忘れましたので組立て済みのを横から 前後分割で合わせ目あり

胴体



腕部

ハンドパーツは非常に豊富
銃持ち手(右手のみ)握り手左右(穴空きと穴無し)平手左右
握り手の穴無しは無いキットが多い気がするので有難いです



脚部 スラスターが別パーツ化されているのは有難い

腰部

完成

バイザーパーツはちゃんとはめていません
シールは貼っていない状態です




細かい部分の塗装をしっかりと行えばカッコよくなりそう

付属品

・ジムライフル
・シールド
・ビームサーベル2本

シールドは差し替えにて伸縮します

可動

肩上げと肘はこのくらい
この頃のキットの肘可動はこれくらいだった

肩の引き出し ボールジョイントなので後ろにも下がります

太ももの付け根に可動があるのでぐるっとまわります

脚の関節系 膝はそれなり、踵部分が多少上がります

ビヨンドグローバルと一緒にハイキック
腰と顔があまり動かないのでちょっと不自然

ポージング

パケ絵っぽく

パケ絵の奥にいるやつ


ガンダムSEEDっぽいポージング 意外とカッコいいぞ

以上素組レビューでした
思ってたより完成度の高いキットかと思います
これからこのキットを全塗装していくので、完成したら更新したいと思います。
スラスター内部の色分けと腕の合わせ目消しに苦労しそう

パーツのカットは2度切り時にアルティメットニッパーを使用しています
せっかくなので見比べてみる事にしました
左がアルティメットニッパー、右がまぁまぁくらいのニッパー
白化の度合いが全然違うように見えると思います
ゲート跡はやはり気になるので良いニッパーを持っておくと幸せになれると思います

2020年6月現在在庫が無いのか倍くらいの金額になってます
定価は4000円ほどです

HGUC 1/144 ネモ(ユニコーンVer.)を素組レビューしてみた” に対して2件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です