【ガンプラ全塗装】HGUC百式を充電式エアブラシを使ってメタリックゴールドに塗ったよ!

ピカピカまでいかず・・・

今回は、百式を全塗装してみました。

素組みレビューはこちらです。

前回、サンドロックのヒートショーテルをクリアレッドでキャンディ塗装風に塗ってから、
次はメタリック?キャンディ?塗装をやろうと思って選んだのがこの百式でした。

結果的にメタリック塗装でしたが。

今回やったこと

やったこと
1・合わせ目消し
2・首の裏側の肉抜き埋め
3・足のつま先下側の肉抜き埋め

上の三つくらいですね。

塗ったらこんな感じで、違和感なく。

とりあえず使おうかなぁと思った色を撮った。
シルバーの上にクリアゴールドでキャンディ塗装かとも思ったけど結局やらず。

塗装レシピ下地はフレーム以外は全てサーフェイサーエヴォブラックを使用しました。
・金 ⇒ ブラックの上にブルーゴールドとレッドゴールド
・赤 ⇒ モンザレッドに黒を少々
・紺 ⇒ ブルーFS15044
・フレーム ⇒ サーフェイサーエヴォのガンメタ
トップコート
・EXクリア ⇒ ゴールドとフレーム
・GXスーパースムースクリアーつや消し ⇒ 赤、紺

そして完成

これは塗って良かったなと終わってから思いました。

メインカメラとセンサーは付属のホイルシールを使用してます。

今回はあまりデカールは貼っていません。

適当に何枚か

アップで見ると粗さが目立ちますね。

腕のパイプ部分のスミ入れの拭き残しがあるー

脛のフレームのパイプ部分はエナメルのシルバーで部分塗装をしました。

レッドゴールド部分。

上腕の一部もレッドゴールドに塗分け。


武器も成形色では一色なのでちゃんと塗り分けました。


クワトロさんはこんな撃ち方しないだろうけど、SEED撃ち。

今回は新しく買ってみた、こちらの充電式エアブラシを使って塗装しました。

持っているのも使いましたが。
新しいのは0.4mm口径ですので、多少大きいパーツを吹くのが楽になったかなというところ。
メタリックカラーも楽々吹けています。
エアブラシのトリガーを引くと自動で電源のオンオフができるやつなので使いやすいです。
L5とかの高いコンプレッサー買いたくなるくらいになるまではこれで十分かなって。

今一番欲しいのは山善の食器乾燥機です。

モデラーさんがよく使ってるイメージあるのはこれですね。
大きな塗装ベースがちょうど二つ並ぶらしくて便利らしい。
洗ってから乾燥させるまでの時間が一番長いので、これで時短したい。

という事で、メタリック塗装チャレンジでした。
次回はナラティブガンダムのサイコフレームをメタリックグリーンで塗装したので、
そちらを紹介したいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)