RG フォースインパルスガンダムを全塗装してみた

急にはじまったガンプラ作ってみたということで

今回は今年の4月発売のRGフォースインパルスガンダムです

全塗装をするのですが、基本的には下記のことを塗装前にやっています
・表面処理
・合わせ目があれば極力消す
・スジ彫りが甘い箇所の彫り直し
・塗装前のパーツ洗浄など
デカールは水転写式のが無いので一部だけ付属のデカールを貼ったりしてます

下記の塗料を使っていきます

フレーム系はメカサフヘヴィ
バーニア等はサーフェイサーエヴォのガンメタ
黒と明るいグレー?の下地にはグレーサフ
他の色の下地には白サフと使い分けをしました

白でも2色あって明るいグレーっていうのが無かったので、
下地をグレーにする事で白の色分けをしました

表面処理などをし終わって乾燥してるところです

つや消しトップコートを吹く前にある程度組んでみたくてここまで組んでみたところ

かっこよすぎ

完成後すぐあいふぉんで撮ったやつ

100均で売ってるもので作った小さな撮影ブースで撮ってます
ただ、ガンプラを撮るには少し小さかったかもしれない

真正面から
顔がイケメン


アニメで合体後の1ポーズ

シルエットブースター

足アップ
メタリックのシールを貼るところはエナメルのガンメタで塗分け

このガンダムほんとは分離するんだけど、塗装剥げが怖いのでさせてません

素組もしてないので見てもいないw
そういうのはたくさんレビュー動画があるからそっちで満足

もうちょい広く撮影できるよう工夫しないと羽とかがあるガンプラを撮るのはきついっすね

このキットはほとんどがアンダーゲートになっていてゲート跡がほとんど表にこないです
なので、素組後にトップコート吹くだけでもだいぶカッコよくなるそうですね

塗装しないほうがガシガシ遊べるので、それはそれで有だと思います

デジいち使ってるんだから撮影くらいはしっかりやらんと・・・
ということで写真追加しました

やはり黒背景は良いですね

おそるおそるフォースシルエットを外してみました

塗装剥げが怖いのでフォースシルエット外すのが精いっぱいでしたw
分離したらもっと剥げそうで怖いのでやめておきました

今回、塗装にはアマゾンで良く見るコンプレッサー一体型のエアブラシを使用しました
ゴシェールのを使用していますが現在は販売されていないようですね

同等品っぽいのがあったのでこちら紹介しておきます

小型軽量でちょうど手に収まるくらいの大きさ
ダブルアクションで使いやすく電源はレバーを押したら入る設計になってるのでいちいちスイッチで切り替える必要は無い商品です
2020年改良版って書いてるけどエア圧上がったのかな?
今使ってるやつがちょっと弱い気がするのでちょっと気になります。

RG フォースインパルスガンダムを全塗装してみた” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です