MG 1/100 ガンダムAGE-1 ノーマルを素組みレビュー

ガンダムAGE-1のデザインが好きで買ってしまいました。

このMSが出てくるガンダムAGEのアニメは見た事無いですが、
デザインが好みで普通に欲しかったので作りました。

大変シンプルで非常に好みです。
気が向いたらアニメも見ておきたいと思います。

キット自体は旭川に行った時に、たまたま寄った模型店で見つけたので即購入。
ちょうど7月末くらいに再販かかった時のタイミングだと思います。

HGも出ていて、既に作成済みで近々レビュー予定です。
HGはどこいっても何個かは置いてるイメージ。

基本情報

発売日:2012年02月25日
価格 :3,850円(税10%込)

パッケージと取説

RX-78を彷彿とさせるデザインが好き。


見てわかる通りABSレスキットです。


取扱説明書

途中で機体解説とかいろいろ。

裏表紙は塗装完成見本になってます。

制作していきましょう

袋と取説を取り出して袋からランナーを出していきます。

ランナーチェックしつつ並べてみます。
このキットは組みやすさ重視で内部フレームは採用されていません。
ですので、ランナーはMGにしては少なめかもしれない。

あまり見た事のない形をしたポリキャップが多く使われてます。

各部位ごとの初めに使用するランナーを教えてくれる新設設計な取説になってます。

各部位ごとにパーツ切り出し、二度切りをしていきます。

ボディに使うパーツ。肩の付け根が独特な作りになってました。

出来上がり。首パーツは軸可動します。

顔のパーツ。口のへの字は抜けています。

ツインアイだけシール貼っています。アンテナ?もシャープですし、頬の部分も抜けていて凹凸感が出てます。

肩と腕。青いパーツの部分でボディと接続します。スリット状のディテールがありますね。

腰部。フロントアーマーとリアアーマーは黄色と白が分離して可動するようになっています。

サイドアーマーにはビームサーベルの柄をマウントします。

足。つま先が可動します。

脚。腕と同様に一部でスリット状のディテールがあります。膝の黒はグレーですが別パーツになっています。
黒にするためのシールが付属しています。

武装類。

付属品

シール関係は多いですね。膝の黒はパネルステッカーというシールを貼って補うようです。

長短のビームサーベル、トッズライフル、シールド。とアクションベース取付用パーツ。

ハンドパーツの出来は素晴らしいですね。

完成

初めて後ろ姿を見たときはコアファイター的なものがあって分離合体するのかと思っていたら、
全然そんなことは無かったですw

HGにはないスリット状のディテールが良いです。

合わせ目

合わせ目は出ない作りになっています。
ライフルが怪しかったですが、ちゃんと段落ち処理されていました。

可動・ギミック等

デザイン的に稼働を妨げるものは無いので、とても良く動きます。

肩の接続は今までに見た事のない接続方法でした。

前腕は分離していて180度回転します。

サイドアーマーの独特な動き。

リアアーマーも同様に分離してフレキシブルに動かす事ができます。

ビームサーベルをマウント可動。

脚はめちゃくちゃ動きます。脚の付け根部分も前後にスイング可動します

膝も微妙に可動します。

つま先の可動。

膝立がとても綺麗に決まります。

まさかの正座も美しく座らせられる事ができました。

手首接続部は若干前後に可動。親指は第一関節も可動するタイプですね。

コクピットハッチ開閉します。

トッズライフルは腰部後方へマウント可能。

後ろのパーツ何故か開くんですが使い道が分かりませんでしたw

ポージング

格闘ポーズ?


短刀2本持ち。


両手持ちっぽい感じも違和感なくいけますね。

武装して。

見直してみるとポージングがださい気がするので、差し替え検討案件。

トッズライフルは回転させて精密射撃モードへ。

銃身は外すことができて、ハンドガンモードへ。

ライフルを持たせるときはグリップ下部を腕部と接続させて固定させます。

サイズ感

初代ガンダムのver3.0と比べて。
違うけど、近しい感じがする。

アナザー系主人公機であるストライクverRMと並べて。

HGのAGE1と並べて。
違うところはスリット状のディテールの有無くらいですかね。
HGもカッコ良いです。

まとめ

シンプルにカッコ良いMSです。
MGなのにフレームレスなので物足りないと思う人もいるかも?

肩の接続部分とか分離するフロント・リアアーマーなど、普段見ないところがあったりして面白いキットです。
色分けももちろん素晴らしいし、ポロリもあまり無いので遊びやすい。

塗装する際もパーツ分けが良いのでマスキング頑張るとか後ハメとかも無さそうです。
初心者にもオススメのキットですね。

Amazonでは若干高くなってます。定価は3850円です。

このレビューは下記2種類のニッパーを使用してランナーから切り出し、ゲート処理しています。
ガンプラを作成する時は、ゲート跡を目立たなくさせる為に、ほとんどの場合で2種類のニッパーを使う事をオススメします。
先細薄刃ニッパーはランナーから切り離す際に使用。
商品名の通り、先が細いので狭い接続部にも差しやすくパーツに傷を付けにくいです。

アルティメットニッパーは残したゲート跡をカットする時の2度切りの際に使用します。
高級品なので断面がめちゃくちゃ綺麗になります。
こうする事でゲート跡の白化等を防ぐ事ができ見栄えが多少良くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)