北海道の神秘スポットの一つ 清里町の神の子池

8月の勝毎花火大会前に道東ぷらぷらした時に久しぶりに神の子池見てきた。

清里町 神の子池

ちなみに冬は除雪されていないので車では行けません。
ですが歩くスキーやスノーシューなどの跡が見られるので、頑張っていく人はいる様子。
この池は通年8℃あるそうなので凍結しないので見る事ができるそうです。

ここはパワースポットとも言われていますね。
どっかにそんな事が書かれてたような気がする。

アクセス

清里側から南下するか中標津側から北上するかのどちらか。


パンフレットボックスというのが新たに設置されてました。
中は見てませんw

木道が整備されたのは2015年10月。

一応奥の小さな橋には行けるようでした。

いつ見ても透明度の高い池は綺麗でいつまでも見ていられますね。

濃いコバルトブルーが美しい。
もちろんPLフィルター必須の撮影地です。



水深5メートルですが、底まで見えるので深さを認識できるのは難しいw

ここは美瑛の青池とは違って林道が2キロあるのであそこほど観光化もされず、
バスも入ってこれないだろうしこのままの状態を維持していてほしい。

そういえば神の子池からまだ先に続く林道があるんだけど、奥まで行ったことないなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です