登別市 №④ 幌別橋の架け橋カードを手に入れた!

昭和28年完成のちょー古い橋だけど、ランガー橋と呼ばれるアーチ橋の一種で北海道では数少ない形式の橋だそうです

登別 幌別橋

場所

胆振幌別川を渡るために国道36号に掛かっている橋なので無くてはならない橋の一つです

かけ橋カードの配布場所

この橋の架け橋カードの配布場所はなぜかウトナイ湖の道の駅
登別市内にちょうど良い配布場所が無かったのかな

カード裏面記載の橋の紹介

幌別橋は札幌から函館を結ぶ国道36号の登別市に位置し、物流及び生活道路として重要な役割を担っています。
ランガー橋と呼ばれるアーチ橋であり、北海道では数少ない形式の橋です。

橋の情報

所在地:登別市大和町
管理者:国土交通省 北海道開発局
竣工年:昭和28年12月
橋 長:95.0m
種 類:ランガー(アーチ)橋、鉄桁橋

橋の写真

さて、幌別橋はこちら

かけ橋カードはこんな感じだよね
違うのは天気くらい
遠目から

この石あたりは古さを物語っているね

あと、この橋の名前のプレート?をどう呼ぶのか分からず調べてみると「橋名板」という名前で
設置場所など色々ルールがあるのね
初めて知りました

すぐ横には線路があります

この写真で見ると分かるように幌別橋は片方だけなんですよね
昔は幌別橋だけで片側1車線だったのが時代が進むにすれ交通量も増えて片側2車線になったんでしょうね
片方はなんてことのない桁橋ですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です