豊頃町にある湧洞沼を目指す②

前回の記事

湧洞沼に戻ったのは3時頃だった
ほぼ満月に近い状態だったけど、とりあえず星撮ってみた
_IGP6709
展望台からだと月が正面にある状態になるのでやめた
日の出まで時間があるからとりあえずグルグル
output_comp2
美瑛の時と同じ設定なんだけど、なんでこっちは綺麗に線になってるのか・・・わからん
北極星を真ん中にと思って撮ってたけど、左側にずれてるのは確認を怠った結果です

月側 明るい星だけだから冬の大三角が分かりやすいですね
_IGP6826
5時半頃になると地平線が赤くなってきた
_IGP6832
気温1℃・・・寒くて外には出られなかったな
_IGP6839
日の出は雲から
_IGP3171
_IGP3192
太陽がまだオレンジなうちに展望台に上がってみた
_IGP3196
朝焼け、夕焼けの時間は一番良い時間帯だなぁ
_IGP3204

_IGP6874
海を見てみると少ないけど、けあらしが上がっていた
_IGP3214
陽も昇ったことだし気になってた場所に行くことにしました
下の地図で黒線の部分走れないかなと考えてた
SnapCrab_NoName_2015-11-16_20-37-33_No-00
生花苗沼に続く道を進み黒線の下の部分まで行くと予想通り道があったので走ってみた
非常に段差が酷い道なのでSUVタイプの車高が高い車じゃないと無理
_IGP6888
だいたい黒線の上の部分までは車で行けたからそこからは歩き
砂の上走れるやつだと湧洞沼まで行ける
_IGP3221
少し近づくと道道1051の標識が見える
_IGP3230
湧洞沼方向
_IGP6896
生花苗沼方向
_IGP6897
カモメの群れ 近づくと飛んでく・・・
_IGP3234
_IGP6912
波の音とカモメの声くらいしか聴こえない とても良い気分
帰り道
_IGP6921
ラッシュにはこういう道がよく似合うなぁ
_IGP6924
この辺の探索も終わってお腹が空いたからとりあえず大樹町に行った
蒸気機関車が置かれてるのに気付いたので撮ってみた
_IGP6931
赤のラインが特徴的
_IGP6932
調べると道内各地に蒸気機関車を保管してる場所があるんだね
マニアな人は各地巡礼するんだろうね
コンビニで腹ごしらえしてまだ9時だし襟裳岬経由で帰ることにした
_IGP6937
広尾町のフンベの滝が見えるね
_IGP3249
虹とフンベの滝 この滝道路沿い過ぎて撮るの難しい
_IGP6946
特に寄り道もせず岬に到着
襟裳岬は何度も来てるけど、地味に先端まで行った事が無かったから先端まで歩きたくて来た
_IGP6957
この日も相変わらず風が強い アザラシでもいないかと超望遠付けてきてみたけどいたのはカモメだけだったな・・・
_IGP3255
_IGP3261
襟裳岬を後にして今年の9月に世界ジオパークに認定されたアポイ岳のビジターセンターでアポイ岳の歴史について学ぶw
_IGP6990
右手に見えるのがアポイ岳 
_IGP6993
ちょうどアポイ岳には温泉もあるのでお昼過ぎてるし入ることにした
もう 陽が沈むのも16時過ぎとかになってて、ちょうど風呂あがって1時間後くらいだった
近くに親子岩っていうのがあって、12月頃から1月?頃の間だと岩の間に夕陽が落ちるって書いてた
この辺りだと絶好の夕陽ポイントという事でここで撮って帰ることにした
_IGP6994
親子岩が見える場所は公園になっていて駐車場と親子岩についての看板もある
_IGP7001
太陽は右斜めに落ちていくから微妙かなーと思いながら待機
_IGP7005
太陽が落ちるのを見ながら自分も左に移動して無事に間に落とす事ができた
_IGP7035
_IGP7049

今回は襟裳岬以外はあまり留まる事がない場所に多くいけて新たな発見があったので満足するドライブだった

次回はエメラルドグリーンに凍結するオンネトーを見るためのドライブだ

おわり 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

美瑛の星空

次の記事

オンネトーは凍結したか?