道東撮影記 津別峠から日の出や網走湖で燃える夕焼けを撮った!

10月5日(土)

天気予報では良い秋晴れになるとのことだったらしい(自分で調べてない

今回迷ったのが、近々冬季通行止めになるであろう

津別峠展望台函岳

どちらに行こうか悩みに悩んだ末やっぱり道東に行くことにした
最後に行ったのが8月だったし

夏と違って日の出の時刻が5時過ぎになってるので余裕はある

余談だけど、日の出の時間が一番早い時期が6月の中旬で道東だと場所にもよるけど3時40分頃
なので札幌から道東まで日の出を撮りに行くとなると18時には出発しないと無理
2時には現地について準備していたいし・・・

とりあえず
いつも通り4日の夜に出発し、いつも通り274を走る
眠気と戦いながらも何とか双岳台まで来た
3:36

北見の明かりが写っているけど、空の調子はまずまずってところ
少し時間があったので弟子屈の道の駅で足湯に入り小休憩する
ここはまじオススメ

津別峠に到着した時には既に何台もの車がとまっていた
さっさと準備し展望台に行くと10名ほどが三脚を立て写真撮ってる・・・
太陽が昇る方向を確認し空いているスペースに何とか入ることができた
危なかった・・・

4:47 朝焼け 湖がはっきり見えており雲海は期待できず

5:00 雲がなんかかっこいい

5:19 雲がぁぁ まんまる太陽が見たかった

5:21 雲が広がりつつある この雲は最終的に空全体に広がり晴れ間は無くなった

津別峠の雰囲気に合わない城の形をした展望台が早めに開いたので入ってみた
雰囲気でも伝われば・・・因みに俺は一番左の青いジャンパーの人の位置で撮ってました

中途半端にできた雲海w

撮り終えてからはどこに行くか決めてなかったので弟子屈の道の駅に行ってみてとりあえず寝たzzzz
11時くらいに目が覚めて温泉に行くことにした
行ったことの無い温泉を探して決めたのが屈斜路湖ホテル

温泉を探す際に参考にさせてもらってるブログがあるんだけど、
こんな外観でも中は古き良きって感じでとても良かったので入ることにしました

入浴後はお昼だしお腹も空いたしってことで久しぶりに
RESTAURANT 樹絵理 ジュエリー – 摩周/オムライス [食べログ]

に行った
相変わらず美味しい 弟子屈に行った際にはぜひ食べに行ってほしい

それからとりあえず摩周湖にも行ってみたけど、雲がこんな感じだし撮ったけど、見せるようなもんでもない・・・
第3展望台の駐車場から硫黄山

上の写真では分かり難いかもだけど、雲が切れてる下は晴れてるので、そっちの方に行くことにした
摩周湖を川湯側に降りて藻琴山を抜けるついでに小清水高原にも寄った

ハイランド小清水のレストハウスの裏から屈斜路湖を見渡す展望台に行くことができる

展望台までの遊歩道から斜里岳 薄霧が幻想的

なんだかんだで16時になっていた 藻琴山を降り東藻琴に向けて走っていると先ほどの雲の切れ目が一部オレンジに輝いている
とりあえず、太陽が落ちそうな方向に向けて走ってると女満別まで来てた
既に太陽は落ちていたが、網走湖がチラッと見えた時に真っ赤になってたのが見えたので大至急向かう
女満別駅の裏の湖畔を進み良いポイントがあった

16:52

素晴らしい 真っ赤に染まる事が期待できる

17:00 全体が紅くなってきた


17:05 このあたりがピークだったろうか


17:16 空は次第に暗くなっていく

この瞬間を撮ることができてとても嬉しかったと同時に写真やってて良かったなぁとも思う

あと、ついでにマイカーも撮ってみた
残照で出来たラインが綺麗だったのと、もう14万キロになったしいつお亡くなりになっても良いように思い出として残すために
_IGP5079

 

 

 

 

 

 

ここでまた悩む
6日の朝陽をどこで撮るか。

ちょっとカメラの話
現在使っているPENTAX K-5Ⅱ、Ⅱsの後継機としてK-3の発売が発表されたね!!

11月上旬・・・困ったなぁ欲しいなぁ

道東撮影記 津別峠から日の出や網走湖で燃える夕焼けを撮った!” に対して1件のコメントがあります。

  1. あき より:

    津別峠いいね!
    最後の夕陽落ちてく写真すごいきれい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

羊蹄山と双子の木

次の記事

10/5~6のドライブ記②