道北ドライブ②

以前の記事

9日

4時過ぎに目が覚めると、めちゃくちゃ雲っていうか霧がかかっていたw
西側はすぐ海になっちゃうから東側に向けて走ってみると、太陽の光が見えた
峠を越えると予想通り晴れていて、せっかくだしと思ってクッチャロ湖にきてみた
_IGP0664

_IGP0652

_IGP0654

久しぶりのクッチャロ湖でした

まだ6時半くらいである
どうやって札幌に帰ろうか275を南下しながら考える
_IGP0677

ピンネシリ岳 ピンネシリって一発変換できないのな
_IGP0685

一応「敏音知」って漢字が当てられてるんだけどね
道の駅もあるんだけど、まだ早く開いてない

この辺は特に何も無いのでひたすら南下する
国道40号に入り更に南下すると函岳への入口があり、6月下旬に林道が開通になるという情報が看板にあった
ほんとか?

美深では前々から行きたかった松山湿原があるのを思い出し向かってみる
途中に「激流の滝」「深緑の滝」と二つの滝があるんだけども、
激流の滝のほうは林道の途中で倒木に塞がれ行けず。
歩けば行けるんだけど、虫がやばいからやめたw
深緑の滝は行けた!
_IGP0694

目の前まで行きたかったが、架かっていただろう橋が壊れてて川を渡ることができずに断念
なんせかんせ虫が嫌いなもので、いつもならどうにかして目の前に行くもんだけど
あまりにも多いから止めたっていうのが本音だ
_IGP0693

目的の松山湿原はこれも下旬からの開放のため行き止まり

しょうがないので名寄に向かうことにした
名寄では忠烈布湖に寄り道
_IGP0718

ここは初めてきた湖
_IGP0715

道内の大きい湖はほぼ行ったけれど、こういう小さい湖はまだ行ってない場所があるので地道に潰していきたい
ちょうどお昼時で温泉に入りたい気分になったから近くの温泉を探す
下川町にある「五味温泉」にした

五味温泉|天然の含二酸化炭酸水素塩泉温泉|

ゴミ温泉ってひどい名前だけど、歴史ある温泉で
約100年前に「五味勘三郎」さんが発見した温泉で温泉名は発見者の五味さんの名前に由来するとのこと。
休憩室のテレビでNHKの深海の神秘的な番組がやってて見てたら寝てしまっていた

寝すぎた

旭川では、あまりの天気の良さに大雪山から十勝連峰まで見渡すことができた
見難いかもしれないけど、左側のでかいのが大雪山で右側が十勝連峰
_IGP0733

テンションあがって美瑛で十勝連峰撮ってから帰ることにした
最近では定番になってきてる水沢ダムで撮影
波が無ければ綺麗に反射してくれるんだろうけど・・・
_IGP0745
もう一つ十勝連峰をよく見渡せる場所をすぐ近くで見つけた
_IGP0768
ちょうど反対側では夕焼けが美しい
_IGP0761
カメラ二台あったら道路挟んで両方に三脚立てて山も夕陽も撮れるなぁなんて思ったり。
あとは普通に富良野から岩見沢に出て帰ってきた

2日ともずっと晴天でとても良いドライブだった
でも夏は車内がすぐ熱くなって厳しいねw

次は晴れてたら岩内の賀老の滝に行こう たぶん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です