道北ドライブ① 6/8~9

8日

岩内の賀老の滝が8日に解禁ということで行こうと思っていたけど、結局行かずに道北ドライブになってしまった
利尻岳に落ちる夕陽を撮りたかったからだ

いつも通り7日の夜に出発する。
275号を北上し、朝になる前に天塩に着きたかったがあまりの眠さに当別あたりで寝てしまった
朝陽が昇ってちょっとくらいに目が覚め、北へ

道中見かけた菜の花畑
それにしても最高の天気
_IGP0329

留萌から海沿いを走り8時頃に天塩到着
先ずは温泉に入りたかったけれども、天塩に唯一ある温泉は10時から・・・
2時間も待っていられないから利尻富士を間近で見るため更に北上する

ほんとはこの辺でぷらぷらして9日に岩内行こうかなんて思っていたんだけどね

久しぶりに見たオトンルイ風力発電所
28基の風車が一列に並んでいる姿は壮観
_IGP0345

ちなみにここから稚内にかけての道路「稚内天塩線」は、
一部の区間で何も無い、ただひたすら先の見えない一本道を走るだけの道路になる
この道を走るためだけに北海道に来るライダーも多く、ライダーの聖地と呼ばれている
この道を雲ひとつ無い晴天の時に走れて良かった
_IGP0390

左手には日本海と利尻富士
_IGP0394

ほんと最高の道だけど、時期なのか虫がたくさん飛んでて写真を撮るのに一苦労した・・・
日本海を挟んで利尻岳
_IGP0352

_IGP0435

そんなこんなで北上してたら稚内に居た
とにかく温泉に入りたかったから、

稚内天然温泉港のゆ-稚内の港を一望できる日帰り温泉-

ここで入浴
施設には市場も併設されてて、昭和の雰囲気になっている店内は歩いていて楽しい

あとは日本最北端の線路
_IGP0466

前来たときこんなんじゃなかった気がする・・・
_IGP0465

と思って昔撮った稚内駅の写真を引っ張りだしてきた
P8050089

6年前はこんなんだったのにね

そんなことはさておき、宗谷岬へ向かうんだけれども
ちょっとの距離なんだが、入浴、食後ということもあって眠気がやばかったので途中仮眠した
2時間くらい
宗谷岬着いたら17時だった
_IGP0482

ここまで晴れると遠くサハリンまで見ることができる
夕陽は利尻岳と撮りたかったから、稚内天塩線まで戻るついでに丘陵を走る

丘陵と風車
_IGP0502

宗谷黒牛がたくさん
_IGP0498

いたるところで見られることができる
_IGP0513

この時期は太陽は北西に落ちるので大至急南下する
ちょうど利尻岳の上に太陽が来る位置がオトンルイ風力発電所なのでオロロンラインを大爆走した

太陽は右斜め下にカーブしながら落ちていくから、常に真上に来る位置に移動しながら撮影する事になる
太陽に雲がかかってしまったのが残念だった
_IGP0533

太陽が利尻岳に隠れたから海に落ちる夕陽を撮るためこれから北上
それにしてもシルエットが美しい
_IGP0562

北上するも、日本海上に雲がかかっており海に落ちる太陽を撮ること叶わず
それでも、こんな景色を見ながら走れる道路は北海道でもここしか無い
_IGP0574

_IGP0601

夜は稚内でご飯食べて、星を撮る場所を探す
最初は豊富町にある「宮の台展望台」というとこに行ってみたけど、ちょっと怖い感じの場所だった
駐車場内でとりあえず撮ってみると、天の川まで撮ることができた
これはもっと空の広い場所で撮らなきゃって思ってサロベツ原野に移動
360度何も無いので見渡す限り見える星空に感動すら覚えた
肉眼でも余裕で見れるレベルの空だった
流れ星も見れたけど、写真には写らなかった
_IGP0628

ここ数ヶ月間、必ず新月に近い日に連休を作っていた
やっと期待してた満天の星空が見れて大変満足している
_IGP0632

この日はこのまま原野で寝た
つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

5/18の洞爺湖近郊どらいぶ

次の記事

道北ドライブ②