道北ドライブ② 冬の糠平湖でタウシュベツ橋梁

①はこちら↓

タウシュベツ橋梁までは近いようで遠いです
30分くらい歩くか

歩きながら地面を見てると雪の風紋が面白い

木の上に氷が横たわっていたり
凄いバランス

こういうのも

自然が作る造形美が一度にいろいろ楽しめます

風が強いので氷の上に立ってると滑っちゃう

なんとか橋へ到着することができました

いろんな角度からとりあえず撮っておきたいと思います
崩れかけの箇所が2か所ほど


斜めから

逆光ですが北側からの全景

こちら南側からの全景

の姿があと何年見られるかわからないので機会があればぜひ行って実際に見てみると良いと思います
2時間ちょっと歩いてお昼時になったので糠平温泉にある森のふくろうというレストランで豚丼

少し仮眠をして15時から日帰り可能な山湖荘へ

次の日は雄武の日の出岬で日の出を見るので北へ進むのですが、だいぶ時間があるので何かないかなと色々調べてたら
まだやってないと思ってた層雲峡の氷瀑まつりが始まってたので時間潰しに行く事にしました
途中で三国峠を通るので撮っておいたけど微妙に雲があって霞んでる

17時半頃に層雲峡について久しぶりの氷瀑まつりへ

1時間くらいふらふらして飲食コーナーでからあげを食べたくらい
いつもの氷瀑神社

中のライトくらい見えないような造りにしてほしい

氷の彫刻で大仏様 これはすごい

人の跡 左が大人用で右が子供用

展望台から全景

20時半に花火の打ち上げがあるが待ってまで見るものでも無いです
ただ、渓谷内での打ち上げなので音は響く

こういう寒いイベントに寒い恰好で来て寒いとか言っている人たちは何なのかな?と毎度思います

あとはまっすぐ目的地である日の出岬へ
到着したのは0時頃
晴れてたので少し星を撮って

展望台と
こういう夜の建物っていうのはなぜか少し怖い

日の出に備えて寝ますzzz

道北ドライブ② 冬の糠平湖でタウシュベツ橋梁” に対して2件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です