10月7、8日のドライブ記③

前回の記事

温泉を出てからは久しぶりの不動の滝へ
_IGP7600
新四国八十八ヶ所の一つで
お地蔵さんがたくさんあります
_IGP7601
滝は入り口からすぐ。
滝に倒木が被ってるのが残念
_IGP7607
川に落ちないように足元に気を付けましょう
_IGP7614
雰囲気
_IGP7616

真夏の緑の中に流れる滝も良いですが、
紅葉時期のカラフルな滝も良いですなぁ

滝を撮った後はまわりをぐるぐる
ここは十勝連峰を近くで見渡す事ができる場所なんですが雲の中でしたね
_IGP7619
ちょっと出てきた時に撮ったもの
既に冠雪してました
_IGP1027
望岳台にも行ってみた
最近、写真を頼まれることが多くてそろそろiphoneの使い方を本格的に覚えたほうが良いんじゃないかというレベル
_IGP7635
晴れてたら良さげなポイント発見
_IGP7646
下界も山も見渡せるし、車とめた場所からも近かった
_IGP7649
_IGP7653
稜雲閣まで上がってみると、裏手が展望所になってた
_IGP7660
前は柵とかなんもなかったんだけどね
危ないから作ったのかな
_IGP7673
雲が流れていきそうな感じだったから20分くらい待ってみたんだけど、状況かわらず
なかなか手強い
寒いので撤収しました
_IGP7668
さて、この日は皆既月食の日だったわけですが、
撮影場所に悩んだ
富良野はこんな感じで空は晴れていたし
_IGP7678
かと言って月食の時間までいると次の日起きれなくなるし・・・とかw
家から近くて東側が広く開いている場所を考えると一箇所良いところを思い出した
東千歳にパレットの丘という場所があって、ここは東向きが広く見渡せる場所で札幌からも近い
富良野におりた時間が4時前だったので2時間もあれば着くし間に合いそうだったので向かうことにした
三笠あたりで酷い雨になって雷もたくさんなってた
_IGP7687
ちょっと車をとめて狙ってみたけど、なかなかタイミングがねー
これも辛うじて写ってた
_IGP7697
こんな天気で大丈夫かと心配になりながらもパレットの丘に着くと空も晴れてて月を見るには最高のコンディション
貧弱な三脚を立てて撮るもののなかなかぶれるぶれる
ギリギリ見れるレベルのを順番に
_IGP1052
_IGP1081
_IGP1140
_IGP1163
↓ここからRAWから少しいじって現像してます
_IGP1179
_IGP1210
_IGP1239
_IGP1245
_IGP1253
最後のは21:36で、欠け終わったのか微妙なところw
これ以上いると翌日に響くので撤収した

最初からRAWで撮っておけば良かったと後悔
色も合わせてないし自分で言うのもあれだけど雑だなぁ

ちなみに雰囲気はこんな感じ
若干霧がかってるような感じだったけど、
_IGP7735
真上はこんな感じですっきりと晴れてた
_IGP7745
月食中だと月の明かりが無いので星空も綺麗に見れた
天の川がさり気なく見えるかな?
_IGP7750

とまぁ、こんな感じでした
走ってる時に思い出したからスタートが中途半端だけど、ルートはこんな感じ
SnapCrab_NoName_2014-10-13_19-55-33_No-00
750キロくらい走ったのかな
_IGP7753

それにしてももう道東の主要峠は雪が降り始めてますね~
次回、道東に行く時はもう雪の中かな

冬が楽しみだなぁ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

10月7、8日のドライブ記②

次の記事

支笏湖